始めよう!今日からできるエコライフ

エコと化粧品の関係

近年、地球環境への負荷を少なくして暮らす
「エコライフ」の考え方に注目が集まっています。

 

その一環として、私たちが日頃使用する化粧品や洗剤が
環境や人体にもたらす影響についても
クローズアップされているようですね。

 

女性にとっては(最近は男性にとっても?)
「生活必需品」と言っても過言ではない化粧品ですが、
実は、必ずしも良い効果ばかりをもたらすわけではないようなんです。

 

化粧品のパッケージをご覧いただければ分かると思いますが、
化粧品には数多くの化学物質が使われています。
この中には、環境に好ましくない影響を与える物質も少なくありません。

 

もともと自然界には汚物などの排水を浄化する「自然浄化作用」がありますが、
その能力を超える量の化学物質が排出されてしまうと、
自然はそれらを処理することができなくなってしまいます。

 

河川、湖沼、海の分解能力を超える量の化学物質を排出している
現在の状況では、環境に与える負荷は増加する一方。

 

現在、企業などからの化学物質の排出は
法律の整備で大幅に改善されているものの、
一般家庭からの排水は抑制されてはおらず、
結果として排水に混じって大量の化学物質が放出されているのが現状です。

 

特に、化粧品や洗剤に使われる界面活性剤は
環境負荷が大きいことで知られています。
自然環境を考えたエコライフを進めていくためには、
こうした事実をしっかりと認識し、
一人一人が化粧品に対する意識を変えていく必要があります。

正しく使ってエコライフ!界面活性剤のこと

多くの化粧品に使用されている界面活性剤という物質。
高校の頃、化学で習った覚えはありませんか?

 

これは、水になじむ親水基と、油に馴染む疎水基の
両方を持った物質の総称で、水にも油にもよく馴染むもの。
汚れを落としたり、
化粧品を肌の奥に馴染ませたりする際に重宝する化学物質です。

 

しかし、必ずしも良い作用ばかりではないのが困ったところ。
界面活性剤には多くの種類があり、それぞれに性質も異なります。

 

中でも特に注意が必要なのが、硫酸を使用した界面活性剤です。
化粧品…例えば、シャンプーの成分欄を確認してみてください。
ラウリル硫酸といった成分名が記載されていないでしょうか?

 

このような硫酸系の界面活性剤は、
タンパク質を変化させてしまう力の強いもの。
私たちの体の大部分は水とタンパク質で構成されていますから、
そのタンパク質の性質が変化してしまったら…

 

困りますよね!?

 

タンパク質の変化とは、例えば手荒れや脱毛、精子の殺傷、赤血球の破壊…等々。
また、川や海にすむ生物の多くもタンパク質で構成されていますから、
生態系に与える影響も大きいのです。

 

ですから、この物質が含まれている化粧品の使用には注意が必要です。

 

人体に対して悪影響がある化粧品は、
すなわち環境に対しても好ましい商品ではないということ。
エコライフは、自分を守るという意味と地球環境を守るという意味の
2つの意味があるんですね◎

化粧品もエコの時代!

エコライフピープルが化粧品を選ぶポイントは、
化粧品の成分に留まりません!
例えば、次のような観点も、
エコライフを進めて行く上でのポイントになります。

 

詰め替え用ボトルが用意されていますか?

 

どんなに「エコ」を謳っていても、
毎回新品の容器で購入しなければならない化粧品では
真の意味でエコとは言えません。

 

例えば、Orbisちふれ化粧品などは、
中身だけを新しく補充できる詰め替え用パックで販売しています。
これなら、同じ瓶を再利用できますし、
本体を買い替える場合に比べて樹脂使用量、二酸化炭素の排出量とも
従来の数分の1に削減することができるんです。

 

お値段もちょっと安いんですよ◎

 

Orbisの場合は、「手提げ袋は要りません」って言うと
ポイントを加算してくれたりします。
「ゴミを増やさない」というエコライフのポリシーに
合致したお買いものができる化粧品メーカーだと思います。

 

自分が使っている化粧品メーカーが、
環境保全の観点でどんな取り組みをしているのか?

 

化粧品一つ選ぶ際にも、そういったことに興味を持つことが
エコライフのスタートと言えるのかもしれませんね。

 

化粧品を上手につきあって、自分と環境優しいエコライフを!!

エコライフをサポートする化粧品関連エントリー