始めよう!今日からできるエコライフ

洗剤は化学物質!

私たちが普段、何気なく洗剤を使用していますよね。
例えば、台所用洗剤、洗濯用洗剤、お風呂用洗剤、トイレ用洗剤。
顔を洗う洗顔料だって、一種の洗剤です。

 

私たちにとって洗剤は、
「汚れが落ちてキレイになってスッキリ!」
と気分をさっぱりさせてくれる重宝品ですが、
実は良いことばかりではありません。
洗剤には様々な化学物質が使用されているため、
環境にとっては不都合なことも多いんです。

 

もちろん、化学物質は私たちの生活を便利にしてくれるものですし、
正しく管理して正しく使用すれば環境に与える影響も最小限に抑えられます。
しかし、私たち自身の知識不足から、
使い方や処分方法を誤っているケースも実は少なくありません。

 

例えば、混ぜてはいけない化学薬品が下水の中で混ざることによって
有害なガスを発生されてしまったり、
中身が入った状態でスプレー缶を捨ててしまったり。
本来は台所に流すべきではない物質を流してしまったり…。

 

私たち自身に直接何か害を被るわけではなくても、
私たちの知らない場所で傷ついたり
苦しんだりしている生物がいることを忘れてはいけません。

 

化学物質というと、どうしても「危険」「怖い」「健康に悪い」
といったイメージがありますが、それはあながち間違いでもないんです。

 

エコライフを追求するなら、洗剤をはじめとする化学物質の使用を
最小限に抑える生活が理想的といえるのかもしれません。

 

では、世のエコライフピープルはどんな工夫をしているのでしょうか?

エコライフ主義者なら常識?アクリルたわしのススメ

アクリルタワシ

 

みなさん、「アクリルたわし」をご存知でしょうか?

 

筆者が初めてアクリルたわしを見たのは、夫の実家のキッチンでした。
洗い物を手伝おうと、スポンジを探していたところ、
なにやら毛糸で編んだ刺繍のようものが…。

 

お姑さん曰く、
「これを使うと、洗剤なんてほとんど要らないんだよ」

 

ええ〜っ!
お義母さんって意外とエコライフ主義者だったんですね!
と、内心ちょっと驚きました(笑)。
そういうタイプの方ではないと思っていたので。

 

あとで調べてみたら、アクリルたわしって
エコライフ主義者の間では広く使われているエコグッズだったんですね!

 

アクリルたわしとは、アクリルの毛糸で編んだたわしのこと。
「洗剤なしでも汚れが落ちる」
と、エコライフピープルの間では大人気なんです◎

 

ほとんどはハンドメイドで、
お店で買うというよりはハンドメイドで作っている方が多いようですね。

 

一般に普及しはじめたのは1980年頃と、
結構早い段階から存在していたよう。
日本で普及したきっかけを作ったのは、
手芸作家で日本手芸講師協会理事長の下山伴枝さんだったのだそうです。

 

アクリルの毛糸には、糸の表面に無数の溝があるため、
そこに汚れが引っ掛かって汚れが落ちるんだって!
水切れも良く乾燥も速い、長持ちする!と、
エコライフの強い味方となっているようです。

アクリルたわしの使い方

アクリルたわしを使う場合は、洗剤はごく少量でOKです。
除菌したいという場合を除いては、
洗剤は不要と言っても過言ではありません。

 

使い方も非常に簡単で、使う前に水でぬらすだけ!
水を使ってお掃除できる場所なら、どこでも使えます◎

 

水で濡らしたアクリルタワシでこするだけで、軽い油汚れならピカピカ!
お風呂の湯垢だってキレイにできちゃいます。

 

ただし、しつこい油汚れの場合は、ボロ布や新聞紙などで
ある程度まで油を取り除いておくことをオススメします。
(←ココでもキッチンペーパーやティッシュを使わないのがエコライフ流!)

 

使用後手洗いして、よく乾かしてから使いましょう。

 

※注意
・繊維がダメになってしまいますので、塩素系漂白剤の使用は避けましょう。

 

・除菌のために、洗濯&天日干しをしましょう。
 その場合は、ネットに入れて洗うと繊維のほつれを予防できます。

 

アクリルタワシの作り方

洗剤要らずのエコグッズ「アクリルタワシ」は、
毛糸と針があれば誰でも作れちゃいます。

 

【材料】
・アクリル毛糸(100%) 1玉で5個分くらい
・カギ針8号〜10号くらい
・毛糸用とじ針
(いずれも100円ショップで入手できます◎)

 

 

作り方は、コチラのサイトが参考になると思います。
基本的には、くさり編みを繰り返していくだけ。
筆者でもできたくらいですから、
不器用な方でも根気さえあればできると思いますよ!

 

「これはちょっと難しいぞ…」という方は、
毛糸でポンポンを作るだけでもOK!

 

@手にアクリル毛糸を巻いていきます。

Aある程度のボリュームが出てきたところで、中央を結んで出来上がり◎

 

このポンポンタワシでも、汚れは十分に落ちます。
(余談ですが、窓ガラスの汚れを落とすには新聞紙が最適です!)

 

「それでも面倒くさいよ!」というズボラさんは、
通販を利用しちゃいましょう!
かわいいアクリルたわしが、500円以下で買えちゃいます。
オシャレなたわしで、楽しくエコライフしましょう。

 

 

洗剤要らずのエコライフ関連エントリー