始めよう!今日からできるエコライフ

身近に溢れる化学物質

男性でも女性でも、
「もっとキレイに(かっこよく)なりたい」
「人に好かれたい」
と思う気持ちがありますよね。

 

自分をもっと美しく見せたい、もっと魅力的に見せたい。
だから人は、化粧をしたりヘアケアをしたり、髪を染めたり、
良いニオイのする香水をつけたり…。

 

私たちにとってはごく当たり前になっているその行為ですが、
実は、自分自身の健康や地球環境を損なう原因にもなり得ることを
ご存知でしょうか?

 

エコライフ主義者なら、自分が使っているシャンプーやボディソープ、
化粧品にどんな危険性があるのか知っておくべきです。

 

「でも、一体、どうして危険なの?」
と疑問を感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

それは…
化学物質だからです。
化学物質というと、大学や企業の研究施設や工場、
病院などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、
私たちの生活の中にも化学物質は溢れています。

 

「ああ、キッチンとか洗濯の洗剤ね」
いえいえ、そればかりではありません。

 

化粧品、シャンプー、ボディソープ、洗顔料、
ヘアカラーの染料、香水、制汗剤…。
直接私たちの肌に触れるものも化学物質なんです。

 

例えば、シャンプーで頭がかゆくなったり、
ニキビができて困ったりしたことはありませんか?
それは、シャンプーに含まれている化学物質が肌に合わず、
身体が抵抗している状態。
シャンプーや洗剤に含まれている化学物質には、
皮膚表面の脂分(保護膜)を奪ってしまう性質を持つものもありますので、
肌が無防備になりやすいんです。

 

弱った肌は刺激物に負けやすくなってしまいますので、
何かと肌トラブルを起こしがち。

 

それに、皮膚から吸収された有害な化学物質は
リンパ管や毛細血管に流れ込み、その一部は皮下に蓄積されます。
経皮吸収は有害物質の吸収濃度が高いので、
最悪の場合はガンの原因になることも考えられます。

 

使うシャンプーを成分で選ぶことも、エコライフの基本ですよ!

知っていますか?化学物質のこと

シャンプーに限らず、
化学物質とエコライフは切っても切れない関係にあります。
日本国内だけでも、流通している化学物質は数万種!
さらに、毎年、新たに数百種の化学物質が製造・使用されているのだそうです。

 

エコライフと化学物質の関係について考える際、キーとなるのは
「人体や生態系に与える有害性」と、
「大気や河川といった環境中に放出された化学物質が
人体や環境に悪い影響を及ぼす可能性」
…の2つです。

 

これらのリスクを未然に防ぐために、
法律に基づいた様々な取り組みが成されています。

 

それは例えば、新たに製造・輸入される化学物質について
事前審査を行うことを定めた「化審法」や、
環境に放出した化学物質の量を報告することを義務付ける「PRTR法」など。
ただしこれらは、一般家庭ではなく企業に課せられる取り組みですので、
エコライフピープルにはあまりピンとこないかもしれません。

 

だからといって、私たちが何もできないわけではありませんよ!
私たちにできる最も簡単なことは、「商品を選ぶ」ということです。
シャンプー一つ買うにしても、
成分をきちんとチェックするのがエコライフ流。

 

単に「髪の毛がすべすべになる成分が入っているから」
という観点でチェックするのではなく、
環境負荷物質の配合が少ないものを選びましょう。

シャンプーの選び方

シャンプーが人体や環境に悪い影響を及ぼす可能性があることは
ご理解いただけたでしょう。

 

では、どんな点に気をつけてシャンプー選びをするのが
エコライフ流なのでしょうか?
シャンプー

 

市販のシャンプーで1番問題になるのは、界面活性剤です。
これは、簡単に言うと、水と油を混ぜ合わせるためのもの。
強力な洗浄力を持っているので、
皮膚のバリアーである皮脂膜と角質層を破壊する作用があります。

 

動物実験では、受精卵に対して
非常に危険な影響を持つことが知られていますので、
女性は特に注意が必要です。

 

なにしろ、合成洗剤の普及率と不妊症の伸び率が一致して伸びていった
というデータもあるくらいですから…。

 

成分として特に注意が必要なのは、次の2種類です。

 

・ラウリル硫酸Na(ラウレス硫酸Na)
・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸Na(POEラウリルエーテル硫酸Na)

 

実際のところ、これらの成分が全く入っていないシャンプーを探すほうが
大変だったりするのですが…(苦笑)

 

オススメのエコシャンプー@ ECO COSMETICS

エコライフを始めたからには、人体にも環境にも優しいシャンプーを選びたい!
…とはいっても、化学物質が入っていないということは、
逆に使い心地がイマイチな面もあります。
汚れが落ちにくかったり、髪がきしんだり、イイ匂いがしなかったり。

 

そんな中で、比較的使い心地が良かったエコシャンプーがこちら
ECO COSMETICS オーガニックエコシャンプーです。

 

ドイツのオーガニック化粧品メーカーが販売している商品で、
オーガニック認定を受けた植物から採取された成分で作っているのがポイント!
人体に悪影響を及ぼす添加物は使用されていません。

 

それでいて、グレープフルーツのようなさわやかな香りを楽しめるのが◎

 

価格は2,100円で、シャンプー単体としてはちょっと高価かもしれませんが…。

 

オーガニックを謳うコスメの中ではリーズナブルなほうではないかと思います。

オススメのエコシャンプーA rinRen

ここ数年、ドラッグストアで見かけるようになったシャンプーです。
女性雑誌でも度々取り上げられていますね。

 

新しいモノ好きの筆者は、コレが発売された頃に購入しました。

 

今でも、「ああ、なんだか最近、頭がカユい」って時は
このシャンプーを使いますよ。

 

なんと、鉱物油、シリコン、パラペン、合成香料、合成着色料、
動物性原料、旧表示指定成分、石油系界面活性剤を使用していない!
それでいて、髪の毛もつやつやするんです。

 

ユズ&ジンジャーベースのものと、
コナツ&カメリアベースのものがあるので、
お好きな香りで選んでください。

 

価格は、550ml 1943円(店舗によって多少のバラツキあり。

 

 

地球と肌に優しいシャンプーでエコライフ 関連エントリー