始めよう!今日からできるエコライフ

エコツーリズムって何?

エコライフというと、ともすれば
節電したり節水したり、買う物を選んだり…
といった普段の生活の中での行動を思い浮かべる方が多いことでしょう。

 

でも、エコライフってそれだけじゃないんです!
休日を利用して自然の中に出かけて行くこと、
自然に親しむこともエコライフの一部なんですよ◎

 

例えば、旅行雑誌や旅行代理店のパンフレット等で、
自然と親しむツアーの案内を見たことはありませんか?
最近、こういった
「自然と触れ合う」をコンセプトとしたツアーが増えているんです。

 

これは、「エコツーリズム」という考え方に基づく企画。
エコツーリズムとは、
「自然(歴史文化)体験・学習観光の総称」と定義されています。
つまり、自然や歴史文化に親しむこと。
まあ、学生時代の遠足や修学旅行みたいなものでしょうか(笑)。

 

休日に登山やハイキングに出かけたり、森林浴を楽しんだり、
史跡巡りに出かけたり、川や海辺でバーベキューをしたり。
発電所を見学したり、地元の酒蔵を見学したり…といったツアーもあるようです。

 

自然環境に親しんで自然の息遣いを感じたり、歴史文化に触れることで
その価値を見直し保全活動に対する意識を高めようというのが
エコツーリズムのそもそもの狙い。
自然環境や文化財の保全はもちろんのこと、
地域振興や環境教育といった目的もあるんです。

 

なんと!「エコツーリズム推進法」という法律まであるほどなんですよ。
(2008年4月1日施行)

エコツーリズムにはどんな効果があるの?

休日は家でゴロゴロしていたい…。

 

その気持ちは、筆者にもよ〜く分かります(笑)。

 

でも、せっかくの休日だからこそ、
たまには「えいっ」と気合を入れて外へ出かけてみませんか?

 

例えば筆者は、電車で30分のところにあるお城に出かけます。
天守閣まで登ると、見晴らしも良いし風は気持ち良いしで、
気分がスッキリしますよ。

 

それに、お城の周りには自然豊かな公園があり、森林浴効果もアリ。
秋は紅葉、春は桜も楽しめます。

 

池にはカメさんもいますので、ぼ〜っと水の中を覗き込んでいると
あっという間に時間が過ぎてしまいます(笑)。
馴染みの野良猫もいますので、
「あ〜、久しぶり」なんて話しかけてしまったり。

 

そんな風に、まったりと休日を過ごすだけで、
なんだか気分がリフレッシュするんです。

 

…と、ここまでは筆者の個人的な意見ですが。
一般的に、エコツーリズムには次のような効果があると言われています。

 

【エコツーリズムの効果】
・自然環境、文化資源の保全および価値向上。
・新たな観光需要の発起。
・地域社会の雇用促進。経済波及効果。地域振興。

 

…確かに、出かければ食事をしたりお土産を買ったりとお金を使うので、
その地域の経済活性には効果がありますよね。
こうした仕事が増えれば、地域の雇用も安定して
若い人たちの働き口も増えるかもしれません。

 

実際、エコツアーが盛んな地域では、
エコツアーガイドと呼ばれる専門の案内係もいるのだとか!
毎日の生活もエコライフ、休日もエコライフ、仕事もエコ活動となれば…
もう、文句なしですね◎

 

ちなみに、エコツアーの他にも、
寄付を募って土地などを取得してその土地の保全活動に努めたり、
土地の所有者と保全契約を結ぶことによって自然環境を守る
「ナショナルトラスト」という活動もあります。

エコツアーの注意点

普段の生活のみならず、休日も自然に触れてエコな一日を…
というエコライフピープルが増えているようです。

 

自然環境に対する意識が高まっていることは喜ぶべきことですが、
困った問題もちらほらと…。

 

例えば、エコツアーに出かけた人が捨てたゴミで景観が損なわれたり、
観光客が餌をあげたことによって
自分で食物を獲ることができなくなってしまう野生動物が増えてしまったり、
観光客の車から出る排気ガスによって環境が損なわれてしまったり…。

 

このような行為は、エコライフやエコツーリズムの考え方と
大きく矛盾するものです。
休日だからと気が緩んでしまうのはごもっともですが、
エコな旅を実践するなら「環境保全」という大前提を頭に叩き込んでから
出かけるように肝に銘じておきましょう。

 

エコライフの一環としてこれから
もっともっとエコツアーに出かける人が増えると思いますが、
「自分たちが何のためにそこに出かけるのか?」
をくれぐれも忘れないように!!

 

休日も、環境に優しく自分も楽しいエコライフをお過ごしくださいませ。

エコライフな休日の過ごし方関連エントリー