始めよう!今日からできるエコライフ

“タンスの肥し”を増やしていませんか?

デパートや路面店をぶらぶらとウィドウショッピング。
家族と一緒に大型ショッピングモールでお買いもの。

 

そんな時、思いがけず、好みの服がセールになっていたら…。

 

筆者はついつい買ってしまいますね(笑)。

 

でも、その時は「かわいい!」と思って買ったとしても、
1回2回着ただけで飽きてしまって、そのままタンスの肥しになってしまった
という衣類も実は結構たくさんあります。

 

コレ、ムダを省いてシンプルに暮らすという
エコライフピープルのポリシーに反していますよね(汗)。

 

でも、衣類には流行がありますし、
自分自身の年齢や体型変化の問題もありますので、
どうしても「だんだん着なくなってしまった衣類」ってあると思います。

 

そういう衣類、みなさんはどうしていますか?
そのままずっと放っておくのももったいないですし、
捨ててしまうのはもっともったいない!
もう一度、活躍の場所を与えることこそ、エコライフピープルの役目です。

 

一番簡単な方法は、はさみでカットしてお掃除に使うこと。
いわゆる、雑巾ですよね。
床の掃除に使ったり、キッチンの油汚れを落としたりするのに便利ですよ。
掃除用のクイックルワイパーやウェットティッシュなどをわざわざ買うより、
自宅にある古い衣類を活用したほうがエコですし、経済的です◎

衣類をリサイクルしてエコライフ!

不要になった物を処理する方法としては、
もう一度再利用する「Reuse」と、
原材料として再利用する「Recycle」
熱エネルギーとして利用する「熱回収」があります。
埋め立て処分は、
どうしても再利用できない場合の最終手段と考えたほうが良いでしょう。

 

意外かもしれませが、衣類は、
実は大半が燃えるごみとして処分されていたんです。
なぜなら、複数の素材を使っていたり、
化学処理を施していたりするために、リサイクルするのが難しいから。

 

ですから、不要になった衣類を有効に活用したいと思うならば、
「Reuse」するしかありません。
衣類を上手にReuseするには、次のような方法があります。

 

@きちんと洗濯をして汚れを落とし、必要な人に使ってもらう。
例えば、リサイクルショップに売ったり、
フリーマーケットやオークションで売ったりする方法があります。
エコライフピープルが増えている昨今では、
こうした方法で衣類を人に譲る方も増えているようですよ。

 

 

A自分にとって不要な衣類でも、子供は着られる場合もあります。
サイズを直したり、パンツをスカートにアレンジするなど、
リフォームするのも楽しいものです◎
自分流に工夫を加えるのはエコライフ流ですね!

 

 

Bぞうきんを作ったり、クイックルワイパーの代わりにしたり
…と、お掃除アイテムとして活用しましょう。

エコライフでもおしゃれはできる!

衣類をたくさん持っていることと、おしゃれであることは、
必ずしも同一ではありません。
少ない服で、いかにおしゃれに見せるか?
それを考え、工夫することこそオシャレの醍醐味!

 

「エコライフで無駄な買い物を控えているからオシャレはできない」
なんて、そんなことはありませんよ。

 

衣類のオシャレを楽しむために最も大切なことは、
服の数を増やすことではありません。
素材やサイズ、色など、よ〜く選んで購入することです。

 

それって実は、自分をよく知ることに通じていたりします。
オシャレって、要は、その人に似合うかどうかですから。

 

例えば、痩せているのに必要以上にダボッとした衣類をまとっているのは
野暮ったく見えてしまいますし、
童顔の人がガッチガチのレザージャケットを着てもちょっと違和感が…。

 

地味な人が地味な色の衣類を着ればもっと地味になるでしょうし、
派手顔の人が蛍光色を着たら、
ミュージカルみたいになってしまってアンバランスです(笑)。

 

ですから、衣類を買う際には、鏡をよ〜く見て買うことが大切なんです。

 

ちなみに、失敗しない服選びのコツは次の通り。
エコライフがみすぼらしくなってしまっては自分自身が楽しくないですよね?
エコライフを理由に、オシャレの手を抜かないように!

 

【失敗しない服選びのコツ】

 

・バスト部分のサイズ直しは難しいので、バストに合ったサイズを選ぼう。

 

・必ず試着しよう。腕〜肩の辺りが動かしづらいものは選ばないこと!
(海外ブランドは特に注意)

 

・ちょっと値が張っても、生地が上質な服を選びましょう。
 流行に左右されずに長く着られる服の条件です。

エコライフをオシャレに演出する衣類関連エントリー