始めよう!今日からできるエコライフ

水は使えて当たり前?

私たちのような先進国に住んでいる人間にとっては、
水は水道の蛇口をひねればいつでも出てくる“当たり前”のもの。
ミネラルウォーターだって、
スーパーやコンビニに行けばいつでも手に入ります。

 

毎日、何気なく使っては捨てている水ですが、実は、
そんな風に“何気なく”使えること自体が奇跡のようなことなんです。

 

例えば、東日本大震災でライフラインがストップした時、
東北地方では飲み水にすら困る状態が続いていました。
全国的にも、ペットボトルの水が不足して大パニックになりましたよね。
当たり前の生活を支えている“水”というものが、
いかに貴重なものであるか、
自分たちの生活がいかに脆いシステムの上に成り立っているかを
痛感させられた出来事だったのではないでしょうか。

 

地球上には14億km3もの水が存在していると言われていますが、
そのうち私たちが使えるのはわずかに0.01%。
決して誰もが好きなように使える量ではありませんよね。

 

しかもこの水は偏在しているために、災害があったわけでなくても
水不足で生命の維持すらままならない地域もあるんです。

 

そんな中でも我が日本は、
年間平均1,700ミリという世界平均の約2倍もの降水量を誇る恵まれた国。
自由に水を使えることに感謝しつつ、
水のムダ使いを省いたエコライフを心がける必要があります。

水は循環している

水循環
この地球上にある水は、
気が遠くなるような大きなスケールで常に循環しています。

 

海や川の水は太陽の熱で蒸発し、水蒸気となって上昇して雲になります。
そしてそれは、雨や雪となって地上に降り注ぎ、
一部は川や湖へと流れ込み、
また一部は地中に浸透して地下水となります。

 

そしてやがて、再び海へと戻っていくのです。

 

私たち生物は、この水の循環の恩恵がなければ生命を育むことができません。
ですから、この循環を妨げることは
自分の首を絞めることにもつながると言って過言ではないのです。

 

しかし、経済活動を優先させてきた愚かな人類たちは、
その無知ゆえに地球上の水の循環を邪魔するようなことを繰り返してきました。

 

例えば、美容に・健康にと大人気のミネラルウォーター。
世界中の様々な場所で採水されていますが、採水地の中には、
水のくみ上げ過ぎで地盤沈下が起こったりといった問題が
深刻化している場所もあるんです。

 

また、工場から出る有害物質を含んだ排水や、
家庭から出る生活排水で川を汚してしまったり…
といった水質汚濁の問題もあります。

 

法律が整備された今では、「工場から汚水が垂れ流し」なんてことは
あり得ませんが、家庭から出たシャンプーや洗剤による水質汚染は、
自然が持つ浄化能力をはるかに超えているそうです。

 

例えば、水の汚れの指標の基準をクリアしている河川は92.3%、
胡湖沼は53%、海域は76.4%で、
水環境の汚れが深刻化している地域も少なくないのが現状です。

 

環境負荷の少ない洗剤を使用したり、
食べカスや油を流さないといったエコライフが求められています。

水を汚さないエコライフを!

地球環境に優しいエコライフの基本は、

 

@水のムダ使いをしないこと
A水を汚さないこと

 

…です。

 

「水を汚したとしても、浄水場でキレイにしてくれるんじゃないの?」
なんて呑気なことを言っているあなた!
認識が甘いです。

 

もちろん、浄水場では水質分析や有害物質の除去などを行っていますが、
その処理にも限界があります。
浄水場では殺菌のために塩素を加えますが、
汚れた原水はこの塩素と反応して、発がん物質として名高い
「トリハロメタン」などを発生させる危険性があるのです。

 

では、どんなことに気を付けることがエコライフにつながるのでしょうか?

 

私たちは1人あたり1日に200〜250リットルもの排水を流しているそうですが、
そのうちもっとも汚れがヒドイのは台所から出る排水なんです。

 

例えば、味噌汁1杯を流しに捨ててしまうと、これをキレイな水に戻すには
なんと1,400リットルもの水が必要になるんだそうです。
てんぷら油にいたっては、12,000リットル…。
米のとぎ汁だって、約2,000リットルの水が必要になります。

 

次のようなことに気を付けて、
川や海をいたわるエコライフに努めましょう。

 

【水をいたわるエコライフの基本】

 

・米のとぎ汁は流しに捨てずに植木にかけたり、野菜のあく抜きなどに利用しよう。
(洗顔用に使うと、古い角質が除去されて肌もキレイになりますよ◎)

 

・料理に使った油は、紙や布に含ませて生ごみと一緒に捨てよう。

 

・食器の油汚れは、新聞紙などでふき取ってから洗おう。

 

・洗剤は使い過ぎないこと!エコライフ上級者は水で薄めて使っている!

 

・お風呂の残り湯は洗濯に活用しよう。
コチラの「花王 ふろ水ワンダー」を使えば、
気になるヌメリやニオイをキレイにできます。

 

・洗顔や歯磨きは、流し水厳禁!!

エコライフで水を大切に関連エントリー